温泉の入り方を英語で説明してあげよう!How to take a bath?

最近はどこの温泉に行っても、外国人に会う確率がとても高くなりましたよね。たいていの人は入浴方法を心得ているかと思いますが、中には入り方を知らない人もいるかもしれません。そんなとき、あなたは温泉の入り方をちゃんと説明してあげられますか?簡単なフレーズ、または単語だけでも十分通じますので、覚えておくと役立ちますよ!

実は、ここで以前にも書いたのですが、“japan-guide.com”という日本を旅行したい外国人向けの日本紹介サイトがあるんですよ。

日本人には難しい?!日本でのエチケットを英語で説明してみよう!

そこに、「How to take a bath?」と英語で温泉の入り方の説明があって、それが私たちにも役に立つのでは!と思ったので、その一部を引用しながらご紹介します!

温泉の入り方を英語で説明してみよう!

完璧じゃなくても全然いいんです!いくつか単語を知ってさえいれば、あとは身振り手振りで伝えることができますからね。なので、特に覚えておいた方がいいものをいくつかピックアップしてみました!

「覚えておこう!」の箇所の単語を覚えるか、余裕のある方は、文で伝えられるように入り方の表現をチェックしてくださいね♪

脱衣所で

1. Take off all your clothes in the changing room and place them into a basket together with your bath towel. Coin lockers for valuables are often available.

  • 訳:脱衣室で服をすべて脱いだら、バスタオルと一緒に脱衣かごに入れてください。 貴重品を入れるコインロッカーがあることもあります。

覚えておこう!

洋服:clothes(読み方:クロウズ)、脱ぐ:take off、脱衣所: the changing room(読み方:チェインジングルーム)、脱衣かご:a basket

さあ、いよいよ入浴!

2. Japanese hot springs are enjoyed naked. Swimming suits are not allowed in most places. However, it is the custom to bring a small towel into the bathing area, with which you can enhance your privacy while outside of the water. Once you enter the bath, keep the towel out of the water.

  • 訳:日本の温泉は裸で楽しみます。水着はほとんどの場所で着用できません。しかし、浴室に小さなタオルを持ち込む習慣があるので、湯船に入っていないときはそのタオルを使って隠すことができます。お湯に入るときは、タオルを湯船に入れないでください。

覚えておこう!

裸で:naked(読み方:ネイキッド)、浴室:the bathing area(読み方:ベイディングエアリア)、タオルを湯船に入れない: keep the towel out of the water 

簡単ひとことフレーズ・・・Please keep the towel out of the water.(タオルをお湯に入れないでください)

keep A out of Bの形で「AをBから遠ざけておく、AがBに入るのを防ぐ」の意味になります。

water=水ではありませんよ。waterは温度は関係ないので、水にもお湯にも使えます。

3. Before entering the bath, rinse your body with water from either a tap or the bath using a washbowl provided in the bathing area. Traditionally, just rinsing your body is considered sufficient (and many older baths do not even provide showers and soap), but particularly among younger bathers you will find an increasing number of people who insist on taking a shower before entering the bath these days.

  • 訳:湯船に入る前は、洗い場に置いてある洗面器に蛇口から出るお湯か浴槽のお湯を入れ、体を洗い流します。昔から、お湯で洗い流すだけで十分だとされていますが(古い施設の多くはシャワーや石鹸がありません)、特に若い世代には、湯船に入る前にシャワーを浴びて欲しいと思う人が増えつつあります。

覚えておこう!

洗い流す:rinse、洗面器:washbowl(読み方:ウォッシュボウル)、湯船(浴槽):the bath

簡単ひとことフレーズ・・・Please wash your body before entering the bath.(湯船につかる前に体を洗ってください)

4. Enter the bath and soak for a while. Note that the bath water can be very hot (typical temperatures are 40 to 44 degrees). If it feels too hot, try to enter very slowly and move as little as possible.

  • 訳:湯船にしばらくつかります。湯船のお湯はとても熱いことがありますので注意してください(温度はたいてい40℃〜44℃です)。 熱すぎると感じるときは、とてもゆっくり湯船に入りできるだけ動かないようにしてください。

覚えておこう!

お湯につかる:soak(読み方:ソウク)、~℃:degree(読み方:ディグリー)

簡単ひとことフレーズ・・・The water may be very hot, so be careful!(お湯がとても熱いかもしれないので気をつけて!)

5. After soaking for a while, get out of the bath and wash your body with soap at a water tap, while sitting on a stool. Soap and shampoo are provided in some baths. Like in private Japanese bathrooms, make sure that no soap gets into the bath water. Tidy up your space after you finished cleaning your body.

  • 訳:しばらくお湯につかったら、湯船から出て、蛇口のある場所で椅子に座って体を石鹸で洗います。石鹸とシャンプーが置いてあるところもあります。個人宅の浴室と同じように、湯船に石鹸が入らないようにしてください。体をきれいに洗い終わったら、使った場所はきれいに片づけましょう。

覚えておこう!

湯船から出る:get out of the bath、(お風呂の)椅子:stool(読み方:ストゥール)、きれいに片づける:tidy up(読み方:タイディアップ)

簡単ひとことフレーズ・・・Please tidy up your space after you finished.(終わったらきれいに片づけてください)

6. Re-enter the bath and soak some more.

  • 訳:そうしたら、また少し湯船につかります。

覚えておこう!

また(湯船に)入る:re-enter(読み方:リエンター)

動詞の前にRe-がつくと「再び、繰り返して」という意味を持ちます。

7. After you finished soaking, do not rinse your body with tap water, for the hot spring water’s minerals to have full effect on your body.

  • 訳:お湯からあがったら、温泉のミネラル成分の効果を十分に得られるよう、蛇口のお湯をかけないようにしてください。

覚えておこう!

蛇口のお湯・水:tap water、温泉のお湯・水:spring water

浴室から出るとき

入浴が終わって脱衣所に戻る際のことは“japan-guide.com”には書いてありませんでしたが、とても大切なことなので書いておきますね。

覚えておこう!

簡単ひとことフレーズ・・・Please wipe your body before going back to the changing room.(脱衣所に戻る前に体を拭いてください←これ重要ですね!

拭く:wipe(読み方:ワイプ)

まとめ

温泉では、タオルを湯船に入れないなど、マナーを知らない外国人がいてもまったく不思議ではありません。(日本人でも知らない人もいますしね~)単語と身振り手振りだけでもいいので、知らない外国人がいたらぜひ温泉の入り方を教えてあげてくださいね!

~日本でのマナーと言えば・・・こちらもどうぞ~

日本人が当たり前に思っている日本でのエチケット 外国人の視点で見ると・・・

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です