「この件に関わるな」って英語でどう言う?頻出のinvolveを使いこなそう

「この件に関わるな」なーんて、なんだか穏やかじゃないですが、今回も、映画&ドラマに出てきた使える英語フレーズをご紹介したいと思います。またまた『ゴースト ~天国からのささやき シーズン1』というドラマからです。

「この件に関わるな」って英語でどう言う?

主人公メリンダと夫ジムとの会話。

Melinda  :I’m just gonna go follow them.
メリンダ:彼らの後を追うわ。

Jim:Melinda, stop. Don’t get involved in this. It doesn’t feel right.
ジム:メリンダ、この件に関わるな。何か嫌な予感がする。

Melinda  :I’m already involved in this.
メリンダ:今さら無理よ。(もう関わってるわ)

「この件に関わるな」は、Don’t get involved in this.と言っていますね。

involve(読み方:インヴォルヴ)には「巻き込む、関係する、参加する」という意味があって、get involvedはいろいろな意味で使えるのですが、上の会話内では「関わり合いになる」という意味で使っていますね。

  • I don’t want to get involved with you.
    あなたに関わりたくない。
  • Why did you get involved with such a person?
    なんであんな人と関わり合いになったの?

などのように使えます。

get involved ~ いろいろな使い方

先ほどもちょっと触れましたが、実は、get involveは「関わり合いになる」以外にもさまざまな意味でよく使われているんですよ。

いくつか例を挙げてみます。

巻き込まれる

  • I got involved in a traffic accident.
    交通事故に巻き込まれた。
  • He is always getting involved in trouble.
    彼はいつもトラブルに巻き込まれる。
  • My friends got involved in a fight.
    友だちがけんかに巻き込まれた。
  • I got involved in a traffic jam on my way home.
    家に帰る途中、交通渋滞につかまった。

夢中になる、深い中になる

  • He got involved with the girl.
    彼はその女の子に夢中になった。(と深い仲になった)
  • I sometimes get involved in something and lose all track of time.
    何かに夢中になって、時間の経つのがまったくわからなくなることがある。

*lose (all) track of time:時間の経つのを忘れる 

  • I didn’t want to get involved in a serious relationship with him.
    私は彼とまじめにお付き合いをしたくなかった。

参加する

  • I got involved in a discussion.
    私はその話し合いに参加した。
  • I got involved in a volunteer work for the Olympic Games Rio 2016.
    私は2016年のリオオリンピックのボランティア活動に参加した。

関わる、携わる

  • I think parents should get involved in their children’s education.
    両親が子どもの教育に関わるべきだと思う。
  • I got involved in Human Rights issues last year.
    私は昨年、人権問題に携わった。

このように、いろいろな意味で使われています。どの意味になるかは、文脈で判断するしかないのが悩ましいところ。

get involved in? get involved with? inとwithの使い分け

ところで、お気づきの人もいるかと思いますが、get involved の後ろには、inがくるときとwithがくるときがありますよね。どう使い分ければいいのでしょうか?

inがくるとき

一般的に、inの後ろには「物事」がきます。上の例文を見ても”a traffic accident”、”trouble”、”a fight”など、物事を表す単語がきていますよね。

withがくるとき

一般的に、withの後ろには「プロジェクト」「人」「グループ」がきます。上の例文でも、”such a person”、”you”、” the girl”などですよね。

参考にしてみてくださいね♪

まとめ

「関わりたくない!」と言いたいときは“I don’t want to get involved!”だけでもOK。「~に関わりたくない」の~にに当たるものを持ってきたいときは、inまたはwithを使いますので、使い方は頭に入れておいた方がいいですね。

get involvedはネガティブな意味だけじゃなく、単に「夢中になる」「参加する」という意味でも使えるなど、幅広く使えますので、ぜひ覚えておいてくださいね~!

~こちらもどうぞ(‘ω’)ノ~

定期的にインプットしていますか?英語を話したいならたくさんの良質なインプットが大事!

今が旬のフレーズがたくさん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です