映画『リメンバー・ミー』の重要英語フレーズを覚えよう!

映画『リメンバー・ミー』

ディズニー映画の『リメンバー・ミー』をDVDで観ました。この映画は2018年3月日本公開、死者の国を舞台に「家族の絆」を描いた感動作です。

公開当初から「大人も子どもも泣ける」とかなりの評判でしたが、ご覧になりましたか?まだ観ていない人のために、あらすじをちょっとご紹介。

ストーリー

ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。だが、彼の一族は代々、音楽を禁じられていた。ある日、ミゲルは先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった。日の出までに元の世界に戻らないと、ミゲルの体は消えてしまう!そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど孤独なガイコツ、ヘクター。やがて二人がたどり着く、ミゲルの一族の驚くべき“秘密”とは?すべての謎を解く鍵は、伝説の歌手が遺した名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた…。        

―ディズニー公式サイトより―

ディズニー映画って、起承転結がはっきりしていてストーリー展開もだいたい読めるし、必ずハッピーエンディングになることが最初から分かっているんですが、この映画には泣かされました。笑

主人公のひいおばあちゃんの顔のシワがとってもリアルなんですが、何と言ってもそのシワのある顔がとてもかわいくて笑顔もチャーミング。原題『Coco』とあるように、ひいおばあちゃんの名前が「ココ」。そして、このひいおばあちゃんこそがこの映画のキーパーソンなんです。

そして映像も音楽も素敵で、心に響くようなセリフも多く、何度でも観たいと思える映画でした♪

今回は、いくつかあった心に残る会話の中から一つ選んでみました。

『リメンバー・ミー』のワンシーン

有名ミュージシャンのデラクルスが、インタビュアーから質問を受けるシーン。

Interviewer:Señor de la Cruz, what did it take for you to seize your moment?
インタビュアー:デラクルスさん、あなたはどうやってチャンスをつかんだのですか?

de la Cruz:I had to have faith in my dream. No one was going to hand it to me. It was up to me to reach for that dream. Grab it tight and make it come true.
デラクルス:ひたすら夢を信じた。夢はただ待っていて叶うものじゃない。夢に手を伸ばすのは自分次第。しっかりつかんで実現させるんだ。

この会話の中の重要ポイントを見ていきます。

what it takes(for+人)to ~
(人が)~するために必要なもの(こと・特質・資質・素質・能力)

what it takes(for+人)to ~ を過去形の疑問文にしたものが、会話の中に出てきた What did it take(for+人)~ ? です。(for+人)は意味上の主語ってやつですね。

  • What did it take for John to establish himself in the movie industry?
    ジョンさんは映画界で身を立てるために何をしたのだろうか?
  • He has what it takes to be a good teacher.
    彼には良い教師になれる資質がある。

seize the moment
チャンスをつかむ(捕らえる)

seize(読み方:スィーズ)は最重要単語で「つかむ、手に入れる、奪う」などの意味。momentには「瞬間」という意味ももちろんあるのですが、同時に「好機、大切な時期」という意味もあります。

「チャンスをつかむ」ということで、”take a chance”でもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、take a chanceは「いちかばちかやってみる」という意味なのでちょっと意味合いが違いますので要注意。

have faith in ~
~を信用する、~を信じている

faith(読み方:フェイス)も最重要単語で「信用、信頼、信念」などの意味。

  • I have faith in you.
    君を信じてるよ。

この逆の意味は、

  • I’ve lost faith in you.
    君を信用できなくなった。

up to ~
~次第で

この (be) up to ~ は本当によく使われますね。

  • It’s up to you.
    それはあなた次第です。
  • It’s up to you to make good use of your chances.
    チャンスを生かすかは、あなた次第。

まとめ

ディズニー映画は、老若男女問わず楽しめる映画です。ということは、使われている英語も基本的に誰もが理解できるもののハズ。知らないものがあったら、ぜひ覚えてくださいね。But, it’s up to you!

今回、ピックアップしたワンシーンでは、「夢はただ待っていて叶うものじゃない。夢に手を伸ばすのは自分次第。しっかりつかんで実現させるんだ」というセリフが心に響きました。私はこの部分の英語フレーズも覚えて、しっかり心に刻みたいと思います!(*´ω`*)

~ こちらもどうぞ ~

映画『リメンバー・ミー』から重要英語フレーズを学びましょう!(追加)

定期的にインプットしていますか?英語を話したいならたくさんの良質なインプットが大事!

今が旬のフレーズがたくさん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です