「ひざまずく」など、意外と言えない日常の何気ない動作を英語で言ってみよう

英語で話そうとするとき、身近な何気ない動作ほど「あれ、英語で何て言うんだっけ?」となりがちです。

たとえば、ひざまずくとか、腕組みをする、ってサラッと英語で言えますか?

今回は、意外と言えない、日常の何気ない動作を表す英語表現をご紹介します。今、何をしているのか、誰かに説明をするときに使えますよ♪

もちろん、ほかの言い方もありますが、ひとつ知っているだけでも会話の幅が広がりますので、ぜひ覚えておきましょう!

覚えておこう!日常の何気ない動作を表す英語表現

AはBをCに手渡している

A is handing B to C.

  • She is handing a book to him.(彼女は彼に本を手渡している)

handは「手」という名詞の意味だけでなく「手渡す」という意味の動詞でもあります。

AはBを持っている(実際に手で持っているという意味)

A is holding B.

  • I’m holding a cup.(私はコップを持っている)

「手で持っている」と言いたいときは、holdが使えます。

所有の意味での「持っている」の場合は、haveですね。ただし、I’m having a cup.となりませんので要注意!I have a cup.が正解です。

Aは腕を組んでいる(腕組みをするという意味)

A is folding A’s arms.

  • She is folding her arms.(彼女は腕を組んでいる)

fold は「折りたたむ」の意味。ちなみに「折り紙」は”folding paper”と言いますね。

日本語では「腕を組む」という表現ですが、英語では「腕を折りたたむ」となるんですね~。

AはBを指さしている

A is pointing at B.

  • Tom is pointing at the painting.(トムはその絵を指さしている)

point は名詞だと「先端、点、地点」などの意味になりますが、このように動詞で使うと「~をさし示す」の意味になります。

AはBの上にひざまずいている

A is kneeling down on B.

  • He is kneeling down on the floor.(彼は床にひざまずいている)

kneel は「ひざまずく」という意味の動詞。kは発音せず「ニール」と発音します。

ちなみに、knee は「ひざ」という意味の名詞ですね♪

AはBに手を振っている

A is waving at B.

  • She is waving at her boyfriend.(彼女は彼氏に手を振っている)

wave には「波」という意味の名詞と「手を振る」という意味の動詞があります。

waveの発音は、ウェーブと伸ばすのではなく「ウェイヴ」が近いです。

Aは足を組んでいる

A is sitting cross-legged.

  • Tom is sitting cross-legged.(トムは足を組んでいる)

cross-leggedは「足を組んで」という意味の副詞です。足をクロスさせている、ってそのままですね~。

実はcross-leggedには「あぐらをかいて」という意味もあり“sit cross-legged on a carpet”で「カーペットの上にあぐらをかいて座る」となります。

Aはかがみこんでいる

A is bending down.

  • She is bending down to tie her shoelaces.(彼女は靴ひもを結ぶためにかがみこんでいる)

bendは「曲げる、かがむ」などの意味の動詞です。

Aは何かを書き留めている

A is writing something down.

  • The teacher is writing something down.(先生は何かを書き留めている)

write down で「~を書き留める」の意味になります。

Aはマイクで話している

A is speaking into the microphone.

  • He is speaking into the microphone.(彼はマイクで話している)

前置詞はちょっと意外な? into または at を使います。

Aは散歩している

A is taking a walk.

  • She is taking a walk in the park.(彼女は公園を散歩している)

walk は「歩くこと、散歩」という意味の名詞で使っています。

take a walk で「散歩に行く」です。

Aは犬を散歩させている

A is taking a dog for a walk.

  • The young man is taking a dog for a walk.(若い男性が犬を散歩させている)

この walk も名詞で使っています。

例文の注意点

お気づきかと思いますが、上の例文はすべて現在進行形になっています。ということは、「今」行っている動作を説明するときに使う表現になりますよ。毎日行っているような習慣的な動作を表したいときは、現在形を使ってください。

現在形の使い方については、こちらを参考にしてください♪

英語初級者は「なんとなく現在形」から卒業しよう!

*現在進行形を使うときは、be動詞を入れるのを忘れないようにしてくださいね~!

~何気ない動作についてはこちらもどうぞ♪~

「袖をまくる」って英語で何て言う?日常の何気ない動作いろいろ

定期的にインプットしていますか?英語を話したいならたくさんの良質なインプットが大事!

今が旬のフレーズがたくさん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です