「インフルエンザが流行っている」って英語でどう言う?インフル関連フレーズ

寒い時期になるとチラホラ聞こえてくるあの流行の話。そう、インフルエンザ

インフルエンザにかからないようにするには、うがいや手洗いが大切だとずっと言われてきましたが、最近ではうがいには予防効果がないことがわかったらしく(でも風邪予防にはいいらしい)、何を信じたらいいのやら。予防接種も賛否両論だしねえ。

私が流行時に心がけていることは、外出時のマスク(これも意味がないという人もいますが)と手洗い。特に手洗いはきちんとやっていないと、知らぬ間にウィルスが口の中から侵入するかもしれませんからね。

私が子どもの頃、インフルエンザが流行して、まわりのクラスメートたちがバッタバッタとインフルエンザに倒れていったことがありましてね。でも、私は一向にうつる気配がなくピンピンしていたので、どのくらい体が丈夫なのだ?と試したくなって、ウィルスがついているであろう自分の手をペロッとなめてみたんですよ。すると、次の日には高熱が。笑

それ以来、口にするものには気を付けていますが、目や鼻の粘膜から感染することもあるそうなので、やたらに顔周辺はさわらないようにしています。さわるときはちゃんと手を洗ってから!

そんなわけで、インフルエンザが流行りだすと、日常の会話にも「インフルエンザ」ということばがちょくちょく顔を出します。英語で「インフルエンザが流行っていますね~」ってどう言えばいいでしょうか?インフルエンザに関連する表現をまとめてみました。

インフルエンザに関連する表現

インフルエンザは英語でinfluenzaと言います(強勢はenについています)が、日常会話では略してthe fluと使うことが多いです。

インフルのついでと言ってはなんですが、新型コロナウィルスは、the new coronavirusまたは単にthe coronavirusと言うこともあります。

「インフルエンザが日本で流行している」の表現

  • The flu is raging in Japan.

rage(読み方:レイヂ)は、「激怒する」とか「暴れる」と言う意味で一般的に使われますが、天候に使われるときは「荒れ狂う」という意味になりますし、伝染病などに使われるときは「猛威をふるう」という意味になります。

  • The flu is prevalent in Japan.

prevalent(読み方:プレヴレント)は、「普及している」「流行している」という意味の形容詞。

  • The flu is spreading in Japan.

spread(読み方:スプレッド)は、空間的に「広がる」「伸びる」という意味ですが、病気に対しても同じように「広がる、蔓延する」という意味で使えます。

  • The flu is going around in Japan.

どれも「インフルエンザが流行している」という表現になりますが、この中では、going around が一番カジュアルです。動詞を使う場合、進行形にすることによって「まだ広がっている」ことを表します。

「インフルエンザにかかってしまった」の表現

インフルエンザだけじゃなくて風邪やコロナウィルスもそうなんですが、動詞は”get”、”catch”、”have”を使って「かかってしまった」と言うことができます

  • I(‘ve) got the flu.
  • caught the flu.
  • I have the flu.

*have は状態動詞なので、現在形のまま使って「今かかっている」状態を表せます

ちょっと難しい表現ですが、infected(感染した)という形容詞を使って次のように言うこともできます。

  • I’m infected with the flu.

be infected with~で「~に感染している」ということです。これはチャンクとして覚えておくと便利。

チャンクって何?という方はこちら↓

英単語の丸暗記はダメ!「チャンク」で覚えるのがいい理由

「インフルエンザが治った」の表現

表現の仕方はいろいろありますが、そのうちのいくつかを。

  • I recovered from the flu.

recover fromとセットで使いますので、fromを忘れずに。

  • I got over the flu.

get overで「克服する、治る」

  • I’m over the flu.

前置詞 over だけでも「(病気や困難)から回復して」という意味が表せます。

  • I’m through with the flu.

through with・・・「終えて、関係が切れて」

具合が悪い人にことばをかけるとしたら・・・

  • Take care (of yourself).「お大事にしてください」
  • Get well soon.「早く良くなってね(お大事に)」
  • Feel better soon.「早く良くなってね(お大事に)」
  • Get some rest.「ゆっくり休んでね」

*I hope ~をあわせて使って、”I hope you get well soon”や、”I hope you feel better soon”のように言ってもいいですね。

まず何よりも、感染しないように予防することが一番大事。人混みを避けることが難しいなら、手洗いをきちんとして、むやみに顔あたりをいじらないようにしてくださいね!

~新型コロナ関連はこちら~

外出自粛、ソーシャルディスタンスを保つ、って英語でどう言う?

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です