どうせやるなら効率的に!英会話レッスンを最大限に活用しよう

英会話レッスンを受ける前に

みなさんは今、英会話を習っていますか?それとも、これから始めてみようかな~と思っているところですか?英語で自由に会話ができるようなったら、あれもこれもといろんなことがやってみたくなるでしょうね。

でも、日本人は中学校から、または小学校から最低でも高校までずっと英語を勉強してきているはずなのに、どうして英会話が苦手なんでしょうね?(まぁ、私も含めてね)

国としてはこの状況を打開すべく、これまでの「読み・書き」に偏った英語教育を、「聞く・話す」力をつけるようシフトしてきました。高校ではこれから全部英語で授業をするようになるようですが、はっきり言って、それができるのは日本の全高校の1割ぐらいだと思います。私の高校勤務での経験上。

外国人のAET(英語補助教員)との授業も行っていましたが、たいていの生徒はAETの話す英語がほとんど理解できないので、結局私が日本語で説明することになってましたね。(とは言っても、AETのいない時代に比べれば生徒の聞き取る力はついていると思うので、AETがいる意義はあると思います)

一部の進学校を除いて、ほとんどの生徒たちは中学レベルの基礎ができていないので、英語で全部の授業をやったところで意味がないですよ。先生が大変なだけ。いやホントに。(;´Д`)

と、まぁなんだか半分グチのようになってしまいましたが、何が言いたいかというと、英会話ができるようになりたいなら中学レベルの文法プラス必要な単語を覚えることがまず必要だ、ということです。これは高校生に限らず大人にも言えることで、最低限の文法と単語を身につけていないと英語を話すところまでたどり着きません。

とは言うものの、この必要性は英会話を習うにあたって自分のゴールがどこにあるかにもよります。私もたまに「英会話を教えて!」と言われることがあるのですが、返答に困るんですよね。何で英会話を学びたいのか?目的は?など、何も知らない状態では答えようがないんです。英会話って、その人の目的(ゴール)によって学び方が変わってくるんですよ。

自分のゴールによって英会話の学び方は変わる

海外旅行や接客など、ある特定の場面でだけ必要な英語を話すのがゴールなら、それに応じた会話例や単語を中心に覚えれば用は足りるので、文法の勉強が嫌ならしなくてもOK。本当は知っていて欲しいところなんですが、嫌なら無理してやる必要なし。( `ー´)ノ

道案内なら道案内用、お店をやっている人ならお客様対応用、海外旅行によく行く人なら海外旅行でのお役立ち会話など、基本的に特定の場面で必要最低限のことが聞き取れて伝えられればいいんです。

自由にコミュニケーションをとりたいなら

でも、「会話そのものを楽しみたい」のなら、定型文を覚えただけでは会話はふくらみませんよね。以前、海外旅行中に知り合った外国人に言われました。

「日本人って、ほとんどの人が英語を話さないのはどうして?」

こう質問されたのは1回だけじゃありません。日本人の多くが定型文しか覚えていない(もしくは、定型文も覚えていない)ので、簡単な内容でも話すレベルまでいっていないからではないか?と思うんですよ。それができるようになるには、やっぱり定型文プラス文の組み立て方法、つまり英文法を勉強しないといけないんです。

英会話レッスンの役割と最大限に活用する方法

英会話ができるようになるには、文法力と単語力をつけることが最優先。これは、自分でやろうと思えば一人でも勉強できますし、やりたいときにいつでもできますね。世の中にはいい教材がいっぱいあるので、自分に合ったものが選べますし。土台ができていない時点で英会話レッスンを始めるのは効率が悪すぎです。

でも、日本にいて圧倒的に不足するのは、アウトプットの機会。海外に住んでいれば、会話の相手には不自由しません。そういえば、私の友だちに、ホームレスのおじさんにお金をあげるついでに会話の相手をしてもらっている人がいましたよ(それがいいか悪いかは別として・・・)

この必要なアウトプットの機会を増やすことができるのが、そう、英会話レッスンです。実際にスクールに通ってもいいですし、オンラインで英会話をやるのもいいです。どちらにせよ、スポーツと同じで、定期的に英語を話す機会があると会話力をつけることができます。英会話講師から自分の英語のフィードバックをもらえることで、間違ったところを矯正できるので効率的でもあります。

~ ほかのアウトプット方法もありますよ ~

初心者でも英語のアウトプットの習慣をつけましょう!その方法は?

どんな形であれ、せっかく英会話を習うなら、それを最大限に利用したいもの。英会話の先生に何か気の利いた表現のしかたを教えてもらおう、という受け身の姿勢ではなかなか上達しません。それより、自分で覚えた表現を使ってやろう!という気持ちで、英会話レッスンを練習の場として活用できると上達も早くなりますよ。

まとめ

文法や単語を覚えるなど、自分一人でできる作業をしっかりこなしつつ、ある程度できるようになったら、会話の練習をしましょう。英会話レッスンは、あくまでもいくつかあるアウトプットの機会のひとつです。とにかくアウトプットをたくさんするように心がけることが大事。

英会話レッスンでは、その場で先生からいろいろ教えてもらおうという姿勢ではなく、自分が身につけたものを披露してやる!くらいの気持ちでのぞめば、最大限に生かすことができますよ!

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です