「〇〇日後」って英語で言いたいとき、in?after?later?どれを使えばいい?

日常の会話でもよく使われる、「〇〇日(時間、週間、年など)後」という表現。適切に使わないと、正確に相手に伝わらず、誤解を生むことにもなりかねません。特に、仕事のスケジュール管理や待ち合わせなどは、間違えたら信用問題にもかかわりますし、とても重要です!!

たとえば同じ「5日後」でも・・・

  • My birthday is in five days.「私の誕生日は5日後です」
  • I called you back five days later.「私は5日後に電話をかけ直しました」
  • I met her five days after.「私はその5日後に彼に会いました」
  • I met her after five days.「私は5日後に彼に会いました」

と、まあ、いろいろあるわけですよ。(@_@)

日本語なら期間を表す語のうしろに「後」を付けるだけで済むことですが、英語の場合 in、after、later などが使われていたり、期間を表す語の前に付くことやうしろに付くこともあったりして、頭がゴチャゴチャになりそうですよね。

今回は頭をスッキリさせるべく、小さいことだけれどとても重要な「〇日(時間、週間、年など)後」という表現をまとめましたよ!

「〇〇日(時間、週間、年など)後」は英語でどう言うの?

in を使う場合

  • My birthday is in five days.「私の誕生日は5日後です」

この例文のように、in を使うのは現在を起点として未来のことを言うとき今から〇〇日後」というときですね。ですので、過去の文では使えないんです。←ここ重要!!

I’ll be back in a few days.「2、3日後には戻ります」

× I met her in five days.「私は5日後に彼に会いました」

in を使っていることから、「~以内に」という意味じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、「~以内に」という意味の場合は”within”を使うのが普通です

later を使う場合

  • I left Japan five days later.「私は(その)5日後に日本を出発しました」

このように、later の前に具体的な時間(five days)が来る場合は、過去形の文で使うのが基本。TOEICでもよく問われる問題ですし、参考書などでも「未来時制では使われない」と書いてあると思います。

しかし、まったく使わないのか?と言えば、実はそうではないんですよね~。調べてみたところ、「Quora」というQ&Aサイトで、英語指導歴45年の方がこの疑問について丁寧に答えてくれていました。

それによると、”〇〇 later”は「今から〇〇日後」のような、現在を起点とする文では使えないが(一般的な未来時制ですね)、未来のある時点を起点とする未来時制の文では使えるとのこと。なんのこっちゃ?と思われるかもしれませんが、たとえば次のような文がその例です。

I’m leaving tomorrow morning. IN 24 hours, I’ll be in Hawaii! (However, 2 days LATER I’ll leave for Japan and East Asia).

― Quora より ―

日本語訳:「私は明日の朝出発します。そして24時間後にはハワイです!(でも、その2日後には日本や東アジアに向けて出発する予定です)」

この文では「24時間後」という未来のある時点が起点となって、「その2日後」と言っていますよね。

次の文も、同じように考えられます。

If she follows her plan for her life, she’ll graduate from college next year. 10 YEARS LATER, she’ll be a millionaire. 

― Quora より ―

日本語訳:「彼女が自分の人生の計画に従うとすると、来年、彼女は大学を卒業するでしょう。そしてその10年後、彼女は億万長者になるでしょう」

この文も、起点は未来の「彼女が大学を卒業した」とき。将来、彼女が大学を卒業してからその10年後、という意味で使われています。

このように、later は未来のある時点を起点とする文では使えるんですが、そうあることではないので、よく分からなくてもいいです。普通に「過去形の文で使う」とだけ覚えておいてください。

later は「後で」という意味の副詞なので、1語で使われることも多いので要注意。しかも、使われるのは未来を表す文のときだけ。(ややこしい~!)

  • See you later!「また後で(会いましょう)!」
  • I’ll explain this later.「後で説明しますね」

after を使う場合

  • I met her five days after.「私はその5日後に彼に会いました」

実は、この例文のような過去形の文の場合、five days laterとする方が正式

  • I met her after five days.「私は5日後に彼に会いました」

このようにafterがfive daysの前に来ている形は、ジーニアス英和大辞典によると、five days afterとするよりも経過した期間を強調する言い方なんだそう。「〇〇日経ってから」の意味が強調されるんですね。

after も later と同じで、文法的には現在を起点とする文では使えません。ということは、つまり「今から〇〇日後」という未来時制では使えないということです。

「2、3日後には戻ります」
× I’ll be back after a few days.

I’ll be back in a few days.

このように、未来時制ではinを使えばいいわけですからね。

ところが、やっかいなのが、Could you call again after 10 minutes? のように、これからのことでもafterを使うこともあるんです。(ただ、やはりこの文でもinを使う方がベター)

inを使うと「10分後に」という意味ですが、after 10 minutesは「10分後以降に」というニュアンスになります。

afterが絶対に未来時制では使えないというわけではなく、次のように物事の順序関係を表すときには使えるんですよ。「~した後に~する」という表現ですね。この際、after のうしろに持ってこられるのは、名詞(動名詞)か節(主語+動詞)になります。〇〇daysのようなものは使えないんですね。

  • I’ll come around to your house after lunch.「昼食後にあなたの家に立ち寄ります」
  • I’ll become famous after I return to Japan.「日本に帰ったら私は有名になるでしょう」

~物の順番についてはこちら~

「上から三番目の棚」って英語で何て言う?よく使われる順番の表現まとめ

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です