[最頻出!] 日本語と大きく違う「ものの数え方」を身につけよう

英語を話すとき、英語ネイティブと日本語ネイティブで大きく違うことって何だと思いますか?英語ネイティブは当たり前にやっていることだけれど、日本語ネイティブはほとんど意識していないこととも言えるんですが。

まあ、いろいろありますが、そのひとつに「名詞の捉え方」があります。

ここで突然ですが、質問。木を英語で言うと?

ほとんどの日本語ネイティブは”tree”と答えるのではないでしょうか?これは正解とも言えるし、正解じゃないとも言えます(学校のテストなら正解ですけどね)。実はこれ、英語ネイティブだったら“a tree”と答えるんですよ。彼らは、ものを見るときに「数えられるもの」か「数えられないもの」かを無意識に判断しているので、数えられるもので単数なら当然のように”a”を付ける。名詞とセットなんです。

日本語を話すときは、名詞が数えられるのか数えられないのかなんて意識することがないので、英語を話そうと思ったら必ず注意しないといけない事柄になります。

~ 数えられない名詞(不可算名詞)の見分け方についてはこちらで書いています ~

日本人と英語ネイティブとの思考の違い ~無意識に判断していることとは~

会話内ではどうやって不可算名詞を使う?

会話内で不可算名詞を使うときは、たいてい some(any)を使えば事足ります。someは「ある程度の量の~」ってことですね。

例えば、advice(忠告)も information(情報)も不可算名詞ですが、よく目にするのは some advice(information)とか、代名詞を使って his advice(information)の形。あ、information は無冠詞のことも多いですね。

  • Let me give you some advice.(あなたに忠告させてください)
  • They took his advice.(彼らは彼の忠告に従った)

のように使います。

他にも、some water(水)、some bread(パン)、some rice(ごはん)、などと some を付けて言うことが多いです。言い切ってしまうのはちょっと乱暴かもしれませんが、日常生活では”some ~”を使っておけばまず間違いありません。(=゚ω゚)ノ

不可算名詞を数えよう

あれ?不可算名詞って数えられないんじゃないの?と、思った人もいるかもしれませんね。確かに、不可算名詞と呼ばれるもの自体は数えられないんですが、その一部分を切り取れば、一つ、二つ、と数えられるんですよ。

たとえば、上に出てきた advice や information は、“a piece of advice (information)”の形にすることで「ひとつの忠告(情報)」と言うことができるんです。

他の例も見ていきましょう!

パン

  • パン一切れ:a piece of bread または a slice of bread

ふた切れだったら”two pieces of bread”になりますね。

ただし、焼いたままの切っていないパンは、loaf(パンのひとかたまり)という単語を使って、a loaf of bread(パン1個)という言い方ができます。

  • 肉一切れ:a slice of meat または a piece of meat

slice も piece も使えるのはパンと同じですね。形が似てますからね。他にも形が似ているcheese(チーズ)、bacon(ベーコン)なども同じように両方使えますよ。

  • 紙一枚:a sheet of paper(通常、一定の大きさ・形を持った紙)または a piece of paper(大きさ・形に関係のないときに使います)

紙は日本語的に考えると、1枚、2枚と数えられそうですが、paper は「紙という素材」を表す単語なので不可算名詞なんですよ。

ちなみに、”papers” と複数形になっているものは、論文や書類やレポートのようなものを指します。

液体(水、ジュースなど)

液体が入っている容器によって言い方が変わります。

  • 水(コップ)一杯:a glass of water または a drink of water
  • ボトルに入っている水:a bottle of water
  • 缶ビール一本:a can of beer

ジュースやビールなどの飲み物だけでなく、油などの液体もこの形をとれます。あ、でも油は飲まないので”a drink of ~”にはしませんよ。笑

実はレストランなどで注文するときは、注文する側も注文を受ける側も、ボトルやカップに入っていることを前提として考えているので、“I’ll have a beer(ビールください)”とか“I’ll have a coffee(コーヒーください)”などと可算名詞のように使えてしまうんですね~。

手荷物

手荷物一個:a piece of baggage(バゲッヂ)または a piece of luggage(ラゲッヂ)

  • How many piece of baggage do you have?(手荷物はいくつありますか)

手荷物は数えられそうな感じがしますよね~。でも、これも不可算名詞。

suitcase(スーツケース)は可算名詞なので、混同しないようにしてくださいね。

二つで一つのセットになっているものを数えよう

この数え方も日本語と異なるところ。二つで一つのセットになったものというのは、靴とか眼鏡とか、二つの構成部分でできているもののことです。ズボンとかハサミとかもそうですね。日本語では構成部分が二つだろうが三つだろうが一つは一つですが、英語で数えるときは、a pair of ~を使います。(pair読み方:ペア)

  • a pair of glasses(メガネ一つ)
  • two pairs of trousers(ズボン二つ)
  • a pair of castanets(カスタネット一つ)
  • a pair of chopsticks(箸一膳)
  • two pairs of jeans(ジーンズ二つ) など。

a pair of ~を使うか、these glasses のように these を使います。複数形ですからね。

まとめ

不可算名詞を数えたいときは、ものによって”a piece of ~”や”a glass of~”などを使います。何か英語の試験を受ける予定の人はできるだけたくさん覚えておいた方がいいですが、そうじゃない人はこの記事に書いたものぐらいだけ覚えておけば大丈夫(と無責任に言ってみる)。

some を駆使すれば、日常生活や旅行先では問題ありませんからね。英語は日本語と違っていつも、複数?単数?可算名詞?不可算名詞?と気にしないといけなくて大変ですが、少しずつ慣れていきましょう!

定期的にインプットしていますか?英語を話したいならたくさんの良質なインプットが大事!

今が旬のフレーズがたくさん♪

2 件のコメント

  • さちりょん より:

    カスタネットをどう数えるか疑問に思っていました。恐らくa pair of castanetsだとは思っていましたが、確信に至りませんでした。
    これで、すっきり!ありがとうございました。

    • ペラ英 より:

      お役に立ててよかったです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です