「今日は春らしい天気だね」って英語でどう言う?春によく使われる頻出フレーズ

3月ですね~!あんなに寒い、寒い!と言っていたのに、もう春と呼べる季節がやって来ました。風はまだ冷たいけれど、これから徐々に空気や日差しに春の気配が増していくのでしょうね。

春と言えば、新生活が始まる人もいるかと思いますが、実は私はあのどこか「真新しい」感じが苦手でして。なんとなく落ち着かない、ソワソワムズムズした気分になります。(*´Д`)

そうそう、私は去年まで高校で英語を教えていたんですが、4月からほとんどすべての授業の受け持ちが変わるので、新しい生徒の顔と名前を覚えるのが大変でした~。生徒たちはみんなたいてい同じような髪型をしているので、顔まで同じように見えてしまうのですよ。(って、年を取ったってことかしら~笑)

でも、街なかでもフレッシュグリーンの柔らかそうな葉っぱがそこかしこに出てきて、花も咲き始めるとワクワクしてきますね。私は、植物たちの生命力を感じてうれしくなります♪

今回は、春に関連するフレーズをご紹介します!

春によく使われる頻出フレーズ&関連フレーズ

基本的な文を骨組みとして、単語を入れ替えていろいろと言えるようになりましょう♪

暖かくなってきましたね

  • It’s getting warm these days.(最近、暖かくなってきましたね)

または、

  • It’s getting warmer these days.

warmerと比較級にして使うこともできます。

be getting~ は「~になってきた」という意味。get は天候や体調などの一時的な変化を表すときに使いますが、進行形にすることによって「その状態になりつつある」ことを表します。~の部分には形容詞か副詞を持ってきますね。

比較級の文(It’s getting warmer recently.)は、今までと比べて暖かくなってきた」という意味で、getting warmの方は、単に「暖かくなってきた」という意味。2つの文は同じようで意味がちょ~っと違うんですが、分かりますかね?

<春と関係ないけど・・・be gettingは覚えておくと便利♪ be getting を使った他の例文はコチラ↓>

  • It’s getting dark outside.(外が暗くなってきました)
  • I’m getting sleepy.(眠くなってきました)
  • I’m getting tired.(疲れてきました)
  • I’m getting better.((体調が)良くなってきました)

どの文も、「徐々にその状態になりつつある」ことを表しています♪

今日は春らしい天気ですね

日本語で言う「春らしい天気」とは、「いかにも春!まさに春!のような暖かな春の日」のことを言いますね。

なので、こんな感じで perfect を使って表現するのがぴったりです。

  • It’s perfect spring weather today.
  • This is perfect spring weather.

また、feel like~(~したい気がする、どうやら~らしい)を使っても表現することができます。

  • The weather feels like spring today.

*主語はThe weatherでもいいですし、天候を表すItを使ってもどちらでもOK!

これは春のシーズンにも使えますし、冬の暖かな日にも使えるフレーズです。つまり、「春らしい天気」という意味でも使えますし「春のような天気」という意味でも使えるというわけです。日本語では「春のような天気」は春のときには使わないので、ここが英語と日本語で異なる部分です。

この feel like~ は、単語を入れ替えていろいろ使えるので、覚えておくとヒジョーに便利。

<覚えておくと便利♪ feel like を使った他の例文>

  • It feels like early summer.(初夏のようですね)
  • It feels like a dream.(まるで夢のようです)
  • I don’t feel like eating much today.(今日はあまり食べる気がしない=食欲がない)
  • I feel like throwing up.(吐きそうです)

like の直後に動詞を持ってくる場合は、動詞に ing を付けるのを忘れずに。

明日、お花見に行きます

春と言えば、忘れちゃいけない桜!この時期は桜について話すことも多くなりますよね。

お花見は英語で、cherry blossom viewing と言いますが、「お花見に行く」なら、

  • I’m going to see the cherry blossoms tomorrow.
    (私は明日お花見に行きます)

と、フツーにseeを使ってOK。

  • Let’s go and see the cherry blossoms!
  • Let’s go see the cherry blossoms!
    (お花見に行こう!)

このように、go and see、またはandを省略してgo seeとしてもOK。

<日本にいたらやっぱり桜!桜に関する例文いろいろ>

  • We’re enjoying a cherry blossom viewing party!(私たちはお花見を楽しんでいます!)
  • The cherry trees are often illuminated with paper lanterns at night.(夜には、桜の木はちょうちんでよくライトアップされます)
  • The cherry blossoms are in full bloom!(桜が満開です!)
  • The cherry blossoms haven’t bloomed yet.(桜はまだ咲いていません)
  • The cherry blossoms have started to fall.(桜が散り始めました)

暖かい陽気で眠くなりますね

  • This warm weather makes me feel sleepy.(この暖かい陽気で眠くなりますね)

makeは「~にする」という意味で使われています。

This warm weatherにかえて、「眠気を誘うもの」を何でも入れることができます。

たとえば、Reading booksにすると、「読書をすると眠くなります」という文が作れますね。

  • Reading books makes me sleepy.(読書をすると眠くなります)

 

春につきものの、花粉症に関するフレーズはこちらからどうぞ♪

鼻水が止まらない!って英語でどう言う?花粉症に関連する英語フレーズ

定期的にインプットしていますか?英語を話したいならたくさんの良質なインプットが大事!

今が旬のフレーズがたくさん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です