あなたの英語がナチュラルな発音&イントネーションに聞こえるためには

「もっと、ネイティブの発音に近づきたい!」と、これまでシャドーイングなどで練習をしてきましたが、誰かに聞いてもらっていないので、実際どのくらい上達しているのかがわかりません。というか、聞いてもらったところで以前の私の発音を知らないので比べようがないんですが。(^^;)

でも、実際どのくらい向上しているのか知りたいと思ったことはありませんか?ということで、手っ取り早く録音して自分で聞いてみることにしました。客観的に判断するにはこれしかありません。←ま、誰でも思いつきますね。笑

自分の頭の中の声と録音された自分の声は大きく違って聞こえるので、最初はすごく変な感じでしたが、それよりも、ちゃんとうまく発音できていたと思っていた単語 or 文が実はそうでもなかった、ということがよーくわかって衝撃を受けました。

ナチュラルな英語に聞こえるために気をつけたい音

では、ナチュラルな英語に聞こえるためにはどうすればいいのか?

ここでは、英語特有の発音、th、r、l、v などの発音ができることを前提にお話しします。この発音ができないと、そもそもナチュラルな英語の発音の前に、言いたいことが伝わらないことがありますので。

今回は「どうすれば英語らしく発音」ができるかに焦点をあてたいと思いますので、ご了承ください。m(_ _)m

haveなどのaの音に気をつけよう!

日本語には「ア」という音があるので、意識しないとhaveも日本語風に「ハヴ」と言ってしまいがちです。英語がある程度話せる人でも、v は気をつけても a まではなかなか気がまわらなかったりします。でも、これをきちんと発音するとしないとじゃ大違いなんですよ、奥さん!!haveは、普段は/ ǝ /の発音ですが、強調したいときは/ æ /の発音になるんです。(発音の仕方は下記参照)

それから、Thank you も発音が簡単だと思われがちなんですが、実は日本語の「サンキュー」とはまったくの別物なんです。

~詳しくはこちらに書いています~

Thanksの発音はサンクスやセンクスではないんですよ!/ æ /の発音に注意しよう

aは日本語の「ア」と同じように発音してはいけない、ということをいつも頭に入れておくべきですね。

私はこの a の発音に気をつけただけで、話す英語全体の印象がかなり変わりました。みなさんも、英語を話すときはぜひ、このaの音に気をつけてみてください。かなりこなれた英語になってきますよ!

日本語で言う「ア」の発音をまとめると・・・

日本語で言う「ア」の発音に出会ったら、なるべく発音記号を辞書で確認して欲しいです。発音の仕方がすぐに分かります。

  • / ʌ /・・・fund, fun, nut, but など。

*口を小さく開けて、のどの奥から「ア!」と思い切りよく音を出しますよ。

  • / ǝ /・・・can, about, dessert, Canadian など。

*曖昧母音ってやつですね。日本語のアより口を脱力させて発音するとうまくいきます。

  • / æ /・・・family, happy, panic, racket など。

*日本語の「ア」よりも大きく口を開けて、その形のまま「エ」と発音します。アのようなエのような、微妙な音になるはずです。

  • / ɑ /・・・pot, hot,not, caught など。

*これも、日本語の「ア」よりも大きく口を開けて、のどの奥から思い切りよく「ア!」と発音します。大げさに「ア!」と言うくらいでちょうどいいかもしれません。

ナチュラルな英語に聞こえるためにもっとも大切なこと

それはもう、これしかありません。イントネーションです!

ともすれば日本人の英語は平たんになりがちだ、ということはよく聞いていたので、私も平たんにならないようにいつも意識してはいたのですが、いざ自分の英語を聞いてみると、

「・・・けっこう平たんだわね?(@_@)」というのが最初の感想でした。

どうすればもっとナチュラルに聞こえるのか試行錯誤してみた結果、自分が想像している以上に大げさに話さないといけない、という結論に至りました。シャドーイングをやっているときは、自分もネイティブの音声と同じようなイントネーションで話していると思っていましたが(←図々しい)、実は全然足りていませんでした。

語尾はまあいいとして、途中の上げ下げが十分ではなく、ほぼ平たんになっていました。ネイティブの音声に近づけるには、相当に上げ下げを意識しないといけないんですね~。今回、自分の声を録音してみて初めて知りました。客観的に自分の発音&イントネーションを判断するって大切!

まとめ

th、r、l、v などの英語特有の発音ができることが大前提で、それプラス”a”の発音に気をつけると、かなり洗練された響きになります。

発音以外に大切なことは、イントネーションに気をつけること!抑揚がちゃんとつけられれば、多少の発音の悪さだってカバーできます。ただ、普段から日本語を話している私たちは、どうしても日本語のイントネーションが染みついてしまっています。たくさんの英語を聞いて、イントネーションを意識して練習するしかありません。

私のように自分の話す英語を録音して、ネイティブの英語と比べてみるとその違いがよくわかりますよ。どう直せばいいのかも分かりますので、ぜひお試しください!

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です