「1000時間ヒアリングマラソン」を試してみた

日本にいて普通の生活を送っていると、意識しないとどうしても英語を聞く時間が少なくなってしまいます。毎日コツコツと積み重ねれば、それ相応のリスニング力が付くし、さぼればさぼったなりのリスニング力にしかならない・・・本当に運動と一緒だな~とつくづく感じています。

やっぱり「ペラペラ」を目指すのであれば、耳もちゃんと鍛えなくちゃいけませんね。

「1000時間ヒアリングマラソン」を試してみた

そこで、アルクの『1000時間ヒアリングマラソンって、前からよく聞くけど、どうなのよ?ってことで、お試しでやってみることにしました。

「1000時間ヒアリングマラソン」ってどんなもの?

私は昔から、アルクの書籍やら教材やらに何かとお世話になっているので、良質なものなんだろうとは想像できます。実際、高校で勤務していたときも、英語科で『ENGLISH JOURNAL』を定期購読していましたしね。

ヒアリングマラソンで使うテキストはこれ。

プラス、『ENGLISH JOURNAL』を徹底的に活用して、1000時間の「ヒアリング時間」を作り出す!というものです。

テキストは、内容や音声のスピードなどの点から、難易度順になっています。ですので、まずは初級レベルから各コーナーのSTEPに従って学習を始めます。自分の力と素材のレベルやコーナーとの相性を知るためにも、最初は各コーナーともSTEPの順番に学習を進めていくのがいいと思います。

初級⇒中級⇒上級と進むにつれ、どうしても聞き取るのが難しいといった場合は、次のように工夫して取り組むのも効果的。

  1. 初級レベルのコーナーを中心に取り組む
  2. 英文、訳、語注を確認して、コーナーで推奨している手順以外のトレーニング(音読やシャドーイング)をする

そして、マンスリーテストを提出して終了!となります。

最短でもっとも英語力が付くペース

この講座がおすすめしている、最短でもっとも力が付く学習ペースは、

毎日3時間(1年で1000時間達成!)

だそうです。

1日に3時間、英語の音声を「聞いて理解する」過程を繰り返すことで、英語を英語のまま理解できることを目的としているとのこと。

なんとか毎日3時間を捻出せねば!!!

でも、この時間は、自分のライフスタイルに合わせて1時間半~2時間と、続けられるペースで調整してもOK。1000時間達成まで1年以上と、ちょっと時間はかかりますが、続けられないと意味がないのでね。

実際にテキストどおりに取り組んでみて

初めにテキストにざっと目を通してみたとき、私は大きな誤解をしていたことに気づきました。

『1000時間ヒアリングマラソン』という名前から、私はてっきりただ聞き流すだけで英語が話せる系の教材だと思っていました。ス〇ードラーニングみたいな。(ってこれもよく知らないけど・・・)

でもこれ、全然違いました

体に筋肉を付けるためには負荷をかけなくちゃいけないように、口や耳や頭の筋肉(?)が付くように、この教材は、ちゃ~んと口や耳や頭に負荷がかかるようになっていま

しっかり自分でトレーニングを重ねて、英語が聞き取れるようになる仕組みになっているわけですね。

コンテンツを聞いてみた感想

私はとりあえず初級の最初のコンテンツを聞いてみました。テキストは、音声を聞いてカッコ内を埋める問題になっています。

なるほど。確かに基礎的な内容。日本語訳と語注も付いているので、聞いてもさっぱりという人はそれも参考にできます。

この最初の問題は、I’ll とか、I’d とか、I’ve など、会話では速く弱く言われることが多くて聞き間違えやすい語の聞き取り練習が中心でした。

私はI’ll や I’ve の聞き取りは問題なかったのですが、I’d の d の音がよく聞き取れなかった。でも、これまで同じような聞き取り問題をほかで何度も何度もやってきているので、文脈で I’d だな~!と推測はできました。

そうすると・・・初級者の人など、聞き取りのコツがわからない場合はどうするの?と思いますよね?

大丈夫!ちゃんと、聞き取りのコツが載っていました。最初にコツを教えてもらうと、それを意識して練習ができるので効率的ですね。私も英語の勉強を始めたばかりのときに出会いたかった!

そして、穴埋め問題を解いて終わり、ではなくて、「リスニングに効果的な学習法」も載っているので、参考にして学習を進めていくといいと思います。

※注:タスクは穴埋めだけではありません。難易度に合わせていろいろあります。

とにかく、ジャンルが多彩で内容が豊富!自分の好みじゃないな、と思う素材はパスしてしまっても十分学べるだけの内容があります。

学習してみて気づいたこと

まだ『1000時間ヒアリングマラソン』はかじったばかりですが、気が付いたことを少し。

この講座は、初級から上級まで学べるようになっていますが、中学・高校であまり英語をやってこなかった人や英語学習をやめてから長~い時間たってしまったような人には、初級でもちょっと難しいかも?と感じました。

私は、高校で英語があまり得意じゃない生徒をたくさん教えてきてそう思います。知っていて当たり前、という基礎的なことはほとんど説明がありません。

でも、そういう人向けに違うコースがあるようです。

入門からOKヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!<キクゾー!>

ヒアリングマラソン 中級コース

英語が苦手な人や、基礎があまりできていない人は、こちらから始めてもいいかもしれませんね。

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です