外国人から見た日本語の「ラ」の発音について raなの?laなの?

以前、カナダに滞在していたとき、日本語や日本文化について書かれた本を買ったんです。

この本ね。

短期間で日本人とコミュニケーションが取れるようになることを目的とした旅行者向けで、薄いコンパクトな本なんですが、外国人の目線で書かれた日本語や日本文化の本はどんなものなんだろうかと、興味津々でぺーじをめくりました。(=゚ω゚)

外国人から見た日本語の「ラ」の発音

日本語の発音ガイドのページを見てみました。

まず、正しい発音は相手に理解してもらうためにとても重要だ、とか、日本語の発音は英語のネイティブスピーカーにとってとてもシンプルだ、とか、5つの母音をマスターしてしまえばあとは問題なく日本語を発音できる、とか、いろいろ勝手な説明が書いてありましたが、私が一番興味を持ったのはここです。

R in Japanese

The r sound is perhaps the most difficult to pronounce. The Japanese r sound is pronounced more like an L in English – for example, pronounce “ramen” (Japanese noodle) with an L…lamen.

日本語に訳してみますね。

日本語のR

の音は、おそらくもっとも発音が難しいでしょう。日本語の の音は、どちらかと言うと英語の のように発音されます。たとえば “ramen”(日本の麺)は、Lで発音して“lamen”になります。

「r の発音が難しい」なんて、言っていることは日本人と一緒じゃないですか!(*´з`) 私たちが何気なく発音している「ラ」の音は、英語話者にとっては難しい音なんですよ。

そして、これからわかることは、やっぱり R と L はまったく別物だ、ということ。笑

日本語の「ラ」はどっちかというと”la”に近いんだから、日本人は、英語の R を L よりもかなり意識して発音しなければ、R の音にならない、ということですね。「ラ」じゃだめなんですよ。ローマ字表記では、ラ行は ra ri ru re ro となっていますが、本当は la li lu le lo の音に近いんですから。

英語の r の発音の仕方

じゃあ、英語の r はどう発音すればいいの?

前にもこのブログに書きましたが、もう一度書きますね。大事なことは二度言います。笑

~ r の発音の仕方 ~

舌を後ろに反らせて丸めなくてはいけないことは知っている人も多いでしょう。気を付けなければいけないのは口の形「ウ」の発音のときのように唇をすぼめて、それと同時に舌を口の奥で反らせるんです。たとえば、room の発音は「ウルーム」のように、うっすらとあたまに「ウ」の要素が残っているんですよ。

舌は上あごにはつきませんからね。慣れていない人は、何度か発音していると口が疲れてきますので、筋肉が付くまで練習してくださいね!

Borrowed wordsについて

この本、よくよく読んでみたら気になることが書いてありました。

Borrowed wordsについてです。つまり、借用語ですね。

本の内容を簡単に要約すると、

日本語は、長い歴史の中でたくさんの外国語を取り入れてきた。200~300年前には、オランダ語やポルトガル語もいくつか入ってきて、日本語の一部として使われるようになった。基本的な日本語の語彙を増やすのに簡単で便利なものだが、音節をそれぞれはっきり発音するよう注意すること。

借用語は外来語ともほぼ同義ですが、日本語ではカタカナで表記されます。カタカナで表記する単語って、今は日常生活にあふれていて、すぐに思いつくところでも、スマートフォン、バッグ、シャツ、ペン、キャップ、・・・などなど、あげたらきりがないくらい。

ただ、発音がちょっと違うだけ。注意しないといけないのは、カタカナ語だから外国人に通じるだろうと思って使っても、発音が違っていて通じないことがあること。「ケミカル」は「ケミクル(ルは小さく)」と発音しないと通じませんからね。(自分の経験談)

ということでちょっと話が逸れましたが、borrowed words(借用語)の例として、いくつか単語が載っていたのでご紹介します。左が日本語で右が外国語。

  • hoteru(ホテル)- hotel
  • pan(パン)- bread (ポルトガル語)
  • kamera(カメラ)- camera
  • arubaito(アルバイト)- part time job (ドイツ語で仕事の意)
  • terebi(テレビ)- television
  • arigato(ありがとう)- thank you (ポルトガル語)

 

・・・え?

「ありがとう」ってポルトガル語??

確かに、ポルトガル語で「ありがとう」はオブリガード(obrigado)って言うけどね。響きも似てるけどもね。

いやいやいや、そんなはずないだろーーー!( `ー´)ノ

と思って調べてみました。

やっぱり全然違っていました。(当然ですけどね)

これを読んだカナダ人が、「ありがとう」はポルトガル語から来たと信じていないことを祈るばかりです。(苦笑)

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です