英語を話すときに邪魔をする・・・和製英語 いくつ知っていますか?

日本語には、入ってきた外国語(特に英語)がそのままカタカナ表記で使われているものが多いです。いわゆるカタカナ語ですね。

新聞などを読んでいても、リスペクト、ユーザー、カスタマーサービス、シェア、アクセス、エビデンス・・・などなど、あげたらきりがないくらいあふれていますし、私たちも思っている以上にカタカナ語を使っているものです。

たくさんあるカタカナ語、和製英語

日本にいても意外と身近にある英語(カタカナ語)ですが、実は、英語を話そうとするときにこの英語が邪魔をすることがあるんです。なぜかって?

それは、英語本来の意味と違う意味で使われている単語や和製英語があるからなんです。

たとえば、家を「リフォーム (reform) する」と日本語で言いますよね。でも英語では、家や部屋を改装・修理するとき、renovate を使います。

  • I had my house renovated.(私は家を改装してもらった)

もしくは、refurbish(読み方:リファービッシュ)を使って、

  • I had my house refurbished.(私は家を改装してもらった)

でもいいですね。他にも、remodelとかrebuildなんかも使えます。

reformの本来の意味は「改善する、改革する、改心させる」なので、「家をリフォームする」という意味で使うのは間違いなんです。

和製英語についても、和製英語だと気づかず使っていることが多いので厄介なんですよ。身近なものであればあるほど、普段から使っているので分からなくなっちゃう。(;´Д`)

そんなわけで、私たちに身近な和製英語をご紹介しますので、使うときにちょっと気を付けてみてください!

身近にあるよく聞く和製英語

和製英語英語
ボールペンa ballpoint pen
ガソリンスタンドa gas station
ビニール袋a plastic bag
ナイターa night game
コンセントoutlet, socket (英)
フライドポテトFrench fries, chips (英)
アルバイトa part-time job
キャッシュカードa bank card
ノートパソコンa laptop
オートバイa motorcycle
ジェットコースターa roller coaster
フリーダイヤルa toll-free call 
モーニングコールa wake-up call

たくさんある中からよく聞くであろう単語をいくつかピックアップしました。(英)はイギリスで使われる単語です。

そうそう、私たちはよく「アルバイト」ということばを使いますが、これは英語じゃなくてドイツ語ですね。

アルバイトという語は、ドイツ語で「仕事」を意味する名詞のArbeitに由来し、明治時代に学生の間で使われていた隠語が一般に誤って広まったものである。- Wikipediaより-

まとめ

和製英語は、カタカナ語とごちゃ混ぜになって、英語だと思って使ってしまっているかもしれません。「モーニングコール」なんて、ホント、それっぽいですしね。笑

和製英語は、いかにも「私、英語よ?」みたいな顔して日常会話に潜んでいるので要注意!使っても外国人には通じませんので、身近なものはしっかり覚えておきましょうね~!

それからカタカナ語も、意味は正しく(英語と同じ意味で)使っていたとしても発音が日本式になっているので、やはり通じないことがあります。単語本来の発音の確認はちゃんとしておかないといけませんね。

私のオススメしている「キクタン英会話」をベースに開発された瞬発力を鍛えるトレーニング。

こっそり英会話をマスターして、まわりの人を驚かせちゃいましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です